SUB MENU

不動産を入手するときの任意売却や木材利用ポイントは重要

相談先の考え方

任意売却はどこに依頼するといいのでしょうか

住宅を購入する場合には、住宅ローンを組むことになります。しかしこの住宅ローンが払えなくなった、あるいは滞納が続いたような場合には、ローンを組んだ時の保証会社が代わって返済し、その通知が送られて来ます。しかしこれで返済が完了したわけではなく、その後は保証会社から督促が来て、払えない場合は競売にかけられます。 しかし競売は、本来の不動産価格よりも安い値段で売却されるなど、債務者にとって不利な面もあります。それに代わる方法として、任意売却を利用する人が増えています。この任意売却は、専門の弁護士や司法書士、あるいは専門業者に依頼して、家を売却する方法です。法律事務所か司法書士事務所で相談する以外に、法テラスや消費者生活センターで相談することもできます。業者は金融機関の紹介、あるいはネット検索となります。

競売と比べるとこういう点が違います

任意売却のメリットは、競売と違って、通常の不動産価格で売却が出来る点です。それ以外にも、競売にかけられると立ち入り調査が入り、ローンの滞納による競売であることが、近所に知られてしまうこともあります。また競売の場合は、債務者が債権者と交渉出来ず、売却代金はすべてローンの支払いに回されますが、任意売却の場合は債務者の意見を聞いてもらえますし、一部のお金を転居資金として確保することも可能です。 もちろん、任意売却についても注意しておきたい点があります。滞納が長引くと競売の入札が始まりますので、支払いができない時点で早めに手を打つのがお勧めです。また、業者の中には高額の転居資金を申し出て、不利な契約を結ばせる業者もありますので、選ぶ時は気をつけるようにしましょう。